FXスキャルピング革命

2017年1月9日


FX情報商材界では有名なクロスリテイリング社が新たな商材を販売開始したようです。実質的な子会社である「一般社団法人 日本投資家育成機構」と合わせると、毎月のように新商材が出ていますwww。

今回は一体だれを引っ張り出すのかと思えば、会社の顔であり創業者であるFX-Jin氏が、かつて行っていたシグナル配信のロジックを公開するとのこと。

このシグナル配信では、年間10,000pips以上を獲得して、1700名以上の会員資産を10倍に膨れ上げさせたそうです。

が、しかし、この人がいつもいつも自分でそう言ってるだけで、それを裏付ける情報がどこにもないんですよね。本当に資産を10倍に増やした人が1700人以上もいるのなら、一人くらいネット上でもいいから出てきてもよさそうなんですが・・・。

だから、FX-Jin氏が本当にシグナル配信をしていたのかどうかも不明、本当に勝った人がいるかどうかも分からない、本人が長年そう言い張っているだけ・・・とも考えられます。

大体ですね、スキャルピングのシグナル配信ってほぼ無理です。
短期間で取引するわけですから、ちょっとしたエントリー&エグジットのズレが命取りになって、再現性が著しく低下します。基本的にシグナル配信はスイングくらいのスパンが普通ですから。

彼の主張をあまり真に受けない方が良いかとは思います。

私はこの商材を購入していませんし、するつもりもありません。
なぜなら、どうも胡散臭さが漂うからです。

セールスレターを見てどう感じたかについて、私の感想をまとめさせてもらいたいと思います。

相変わらず良く出来ているプロダクトローンチ戦略!

クロスリテイリング社は今やFX情報商材界のトップを走る会社です。
ですから、販売開始前からのプロダクトローンチ戦略にもかなり力を入れています。

そのプロダクトローンチ用のサイトがこちらです。

話はクロスリテイリングでは2番目に有名な金本氏がFX-Jin氏に
「過去のシグナル配信をしていた時の手法をロジック化できないですか?」
という提案をしたところから始まります。(提案させたんだろうけど)

その提案を受けたFX-Jin氏は、かつての手法をロジック化し、それを初心者の高橋さんにトレードをさせたところ、いい結果が出せた。
更には高橋さんの要望に応えて新たなロジックを作ったら素晴らしいものが出来たので販売しましょう!と言う流れになります。

詳しくは上でご紹介したサイトの動画を観てもらうとして、ストーリーや話題性としてはありますが、真に受けるのはよくないよなぁと思いますね。

全ては商材を売るためにやっていることであって、台本あっての動画だと思います。先に手法を作り上げて、それに合わせて動画を作ったと考える方が妥当でしょう。

Wスキャルロジックでどんな相場も大丈夫ってか?

この商材では2つのトレード手法が解説してあるそうです。

スピードスキャル

スピードスキャルは、FX-Jin氏がかつてのシグナル配信で使用していた手法をロジック化したものらしいです。

手法自体はトレンドフォローのようですが、トレードの検証結果?を見ると勝率は高い一方で、損益率は低いですね。
勝ちトレードは10pipsである一方で負けトレードは大体-20pipsとなっています。これは勝率が7割を超えないとプラスに持っていくのは厳しい手法のようです。

カウンタースキャル

mudai-2

カウンタースキャルは、トレンドの反転からそのまま逆方向のトレンドが発生して終わるまで、つまり「トレンドを底から天井までを、かっさらえる」ロジックだそうです。

よく「頭と尻尾はくれてやれ」と言われますが、頭も尻尾も食べられるそうなんですね。

このカウンタースキャルは、初心者でありモニターの佐藤氏の要望で新しく作られた手法らしいので、スピードスキャルと比べると実績が少ないことは言うまでもありません。(スピードスキャルの実績もなかった可能性は高いですが)
販売サイトの検証結果を見ると、勝ちトレードの値幅にバラつきが大きいですね。
かなりエグジットが難しい手法だと推測できます。

Wロジックでどんな相場も取れる?

販売ページを見ると、スピードスキャルとカウンタースキャルの2つあればどんな相場でも勝てそうに思えるのですが、そんなに簡単に行くでしょうか?

個人的には話がうまく出来過ぎていると思うんですよね。
裁量トレード手法ですから、再現性は決して高くはないと思います。

恋スキャとどっちがいいの?何で恋スキャを先に売り出したの?

今回の商材は、シグナル配信をしていた時の裁量トレードをロジック化したものがメインです。

とすると、三つの疑問が頭に浮かびます。

「恋スキャとどっちが凄いの?」
「何で恋スキャが先に販売されたの?」
「FX-Jinはどっちの手法でトレードしているの?っていうかトレーダーなの?」

残念ながらこの疑問については販売サイトでは一切触れられていません。

恋スキャとこの商材で共通していることと言えば、販売ページの作りこみの凄さと、トレード初心者を「グググッ」と引きつけるセールスレターでしょうね。

個人的にはこの商材は物凄い地雷が出ているように感じられます。
中身を見ていないので何とも言えませんが、お勧めは出来ないかなと思います。