ルールが守れない・・・そんな人はどうするべきか?私がやってきた対策をお教えします。

2017年1月9日

トレードの初心者が一番最初にコケてしまうところと言ったら、“ルールを守れない”ですよね。

ルール的にはエントリーしてはしてけないところで入ってしまったり、本当は損切らないといけないところで損切らなかったり・・・。
更には資金管理もめちゃくちゃになって、途方もないリスクを取ってナンピンしたりマーチンしたり・・・。

まぁほとんどのトレーダーが躓くところですね。

トレードでは規律が大事」というのは本当にその通りで、規律なく自分の感情のままに取引を続けた場合、必ずと言っていい程負けます。それはプロスペクト理論で証明されています。

だからこそ意志が強くてトレードに対して真摯に向き合える人が勝ち組になりやすいのですが、具体的にどうやったらトレードルールが守れるようになるか、私が今までにやってきて効果があった方法をご紹介します。

1.トレードルールの中のぼやけた部分を無くす

トレード手法の中に自分の裁量を入れる場合、どうしても曖昧なところが出てきてしまいます。

引いたラインから反発したらエントリーするにしても、ラインはどうやって引くのか、どういった動きを見せたら「反発」として考えるのか…等々。

こういった細かいところまでピシッと定義していれば問題ないのですが、多くの人が行き当たりばったりの裁量を行使しているので、気づいたらルールそのものまで裁量判断で無視していた・・・なんてことになっているんですね。

こうならないようにするために、まずはトレードルール中の曖昧でぼやけた部分を探し出して、できる限り明確にルールを決めていきましょう。

そして、トレードルールの中でも絶対に侵してはいけないルール、その時の裁量判断次第では臨機応変に解釈していいルールなど、ルール内でもしっかりと格付けをしましょう。

 

2.検証して統計的に優位性のあることを確認する

検証は本当に大事です。
だってあなたが使っている手法は、もしかすると本当に「使えない」かもしれないからです。

使えない手法で取引を続けても損失がかさむだけです。
ストレスをためてトレードしても口座資金が減っていくなんて考えたくないですよね?

そうならないように、事前にその手法が使えるかどうかを確認するのが検証です。検証することで手法の統計的優位性が明確にわかります。

自分の手法が「勝てる」ことが分かれば、手法に対する自身も愛着も湧くはずです。そうなれば易々とルールを破る事なんてしないでしょう。

だってルール通りにトレードしたら勝てるんですから!

3.トレードノートをつける

トレードノートをつけることをめんどくさがる人は多いですね。

でも、毎回のトレードを見直して反省することは、思っている以上にトレード技術を上げることに効果的ですし、自分自身が何をやっているのか、今の目的・目標は何なのかを明確にしてくれて、正しいトレーダーとしての道を教えてくれる数少ない方法です。

確かにトレードが終わった後に、各々のトレードについて詳細に振り返るのは面倒なことです。

でも、トレードをビジネスとして考えていて、本気で勝ちたい、利益を出したいと考えているのなら、毎回のトレードについて振り返るのは当然のことですよね?

自分のトレードを見直すことでしか分からない、自分の精神的な弱さとかクセが見つかったりするのですから、トレードノートをつけないなんて本当に勿体ないし、損していると私は思っています。

自分がルールを守れるようにルールをカスタマイズしていく

以上挙げてきたのが、トレードでルールを守れるようになるための方法論でした。実際に私がやってきて効果のあったやり方です。

でも、どうしてもどうしてもトレードルールが守れないときがあります。

例えば、その日の最初のトレードではしっかりとエントリー&エグジットが出来るのに、3回目、4回目となると段々と集中力も落ちてくるせいか、エントリーが疎かになったり、損切りが連続すると段々とイラらして損切りができなくなる・・・。

こういったことは、個人の性格を色濃く反映します。
だから、他の人がやっているトレードルールであっても、いざ自分がやろうとするとなかなか上手くいかなかったりするんですよね。

でも大丈夫。

頑張っても頑張っても直せないもの、それが個性

これは私が大好きな言葉で、女性芸人の光浦靖子さんの言葉です。

どうしても守れないルールがあるのなら、自分にとってストレスが少なくなるようにルールをカスタマイズすればいいのです。

例えば、3回連続で損切りになったらもうブチ切れてしまうのなら、2回連続で損切になったらその日は終わる。ポジポジ病になるのなら時間軸を大きくしてみる・・・などなど、対策はいろいろあるのです。

ルールが守れないことを悲観的になりすぎるくらいなら、どうすればルールが守れるようになるかを考えて実行した方がよっぽど建設的ですし、先にも繋がります。

相場と自分の手法を知って、更に自分のメンタルまで知ることが出来れば、しっかりと利益を出せるようになるんですね。