当ブログのコンセプトについて

2017年1月8日

当ブログでは管理人である佐々木が、これまでに購入したFX情報商材を厳しい目でレビューしていきます。

基本的には半裁量の商材がメインになりますが、中には「裁量無し」と謳っていても、ふたを開けてみるとバリバリ裁量が必要な「嘘つき」商材もありますので、こういった商材についても注意喚起を含めてレビューするつもりです。

また、半裁量トレードをするにあたって必要な「裁量」が学べる優良教材もありますので、その辺もしっかりとご紹介したいと思っています。

商材の評価方法について

当ブログでご紹介するFX情報商材の評価方法ですが、高い評価から順番に

C⇒B⇒A⇒S⇒SS⇒SSS

とランク付けしていきます。
各ランクについては以下のような意味合いとなります。

SSS:最高評価。コレ勝てます!
SS:かなり良い商材。SSSとまではいかずとも勝てます。
S:そこそこ良い商材。使い方によっては勝てるでしょう。
A:平均的な商材。勝つには工夫が必要です。
B:よくない商材。買ったら損したと思うでしょう。
C:ダメ商材。絶対に買ってはダメですよ。

ランクの基準としましては、以下の点を総合的に考慮して判断します。

・再現性の高さ(特にエントリーポイント)
・手法の期待値の高さ
・コストパフォーマンス
・解説の分かりやすさ
・手法の発展性、汎用性
・サポート

情報商材の考え方について

FXの情報商材に求めるモノとは一体何でしょうか?

私は大きく2つあると思います。

  1. 優位性のある新しい手法やツールを提供してくれる
  2. 既存の情報を更に分かりやすく解説してくれる

魅力的に映るのは1の方ではないでしょうか?
作者独自のオリジナルな手法やツールで、それで勝てるとなると、魅力的に映るのです。

2の方は例えばダウ理論やグランビルの法則などを上手にまとめて動画等で解説するタイプです。
完全に裁量な商材で多いと思われます。

いずれにしても、商材の販売ページではかなり盛った言い方をしています。
その理由は、読者に購入してほしいからにほかなりませんが、現実として「買っただけで勝てるようになる商材」というのは稀です。

なぜなら、トレードで勝つにはその手法を使いこなせるようになることやメンタルも必要だからです。

情報商材は勝つためのきっかけと捉えて、購入を考えて頂ければと思います。