こんなニュースが出てきました。

松井証券は、8月1日(火)(予定)より、FX向けのロボアドバイザー「AIチャート・FX」の提供を開始します。

AIチャート・FXは、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる技術を活用したAI搭載のロボアドバイザーです。チャートから「売り」「買い」のタイミングを選択するだけで、AIがチャートパターンを分析し、オリジナルの投資アルゴリズムを作成します。操作方法はチャートを選ぶだけなので、誰でも簡単に投資アイデアを形にすることができます。

NetFx口座を開設済であれば無料でご利用いただけますので、ぜひこの機会に、「AIチャート・FX」をお試しください。

http://www.matsui.co.jp/news/2017/detail_0725_01.html

個人的なイメージとして松井証券は「株」の方に力を入れいている証券会社で、「月曜から夜更かし」で有名になった桐谷さんを広告塔にしているところ・・・だったのですが、FXの方にも投資していたんですね。

8月1日よりAIを搭載したロボアドバイザーが利用できるという事でなかなか面白そうです。
説明を見てみますと、チャートからエントリータイミングを3つ以上選択するだけで、そのパターンをAIが学習してアルゴリズムを作成するそうです。

自分の狙いたいパターンを選択するだけで、あとはAIが勝てる条件を調べて学んでくれる・・・という解釈で間違いないかと思います。

こう見ていくと、かなり魅力的なツールに映るのですが、過去のバックテスト期間はどれくらいなのか、AIの性能はどんなものなのか、アルゴリズムの精度はどんな感じなのか・・・という疑問は残ります。

実際に使ってみるのが一番よさそうなので、口座開設をしようかなと思って松井証券のスプレッドを見てみると・・・


http://www.matsui.co.jp/service/fx/netfx/list/

少し目を疑ってしまいましたが、ドル円が1.0pips、ユーロ円が4pips、ポン円が6pips。これはいつの時代のスプレッドですか?私の記憶が確かなら、2009年とかそれくらいのスプレッドですよね。しかも最低取引単位も基本は1万通貨から。色々と古い設定です。

このスプレッド表を見る限りでは、松井証券はアクティブなデイトレーダー向けと言うよりはゆったりとトレードするスイング向けの業者なのだと思います。

松井証券によると、松井証券の口座開設者の4割以上が50代以上らしいので、やはりそれなりに長くポジションを保有する人は多そうです。

とは言っても、このスプレッドの広さは如何なものでしょうか?
私はAIのお手並みを拝見したくて口座を開設しようかと考えましたが、このスプレッド表を見て考え直しました。

応援のクリックをよろしくお願いします。

私の半裁量トレード手法を公開しています。

おすすめの記事