初めまして、専業でトレーダーをやっている佐々木と申します。

最初の記事では私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

専業トレーダー佐々木のトレード履歴

専業トレーダーと言うと、何だかチャートに水平線やトレンドラインとかを沢山描いて取引する裁量トレード・・・っていうイメージを持たれがちですが、自分はそういったタイプではなくて、半裁量で取引しています。

半裁量と言うのは、名前の通り半分だけ裁量を入れる取引スタイルで、例えばエントリーだけはシグナルの様な誰が見ても同じようなところで入るけど、エグジットや損切りについては裁量、みたいなやり方です。

なぜこんなやり方でトレードしているかと言うと、このやり方でしか勝てないから(笑)

元々は完全な裁量トレーダーだった自分

私はは2007年にトレードを始めて、元々は裁量トレーダーとして頑張っていたんですが、どうしてもエントリーポイントが定まらなかったり、相場の動きに置いていかれるのが嫌で変なところで入ったり、ポジポジ病になったり・・・と、思うように勝てませんでした。

それでも何とか勝てるようになるために、FT2をフル回転させて何度も何度もトレードの練習をしても、実戦だとチャートが全く読めなくなってメンタル崩壊、と言うのがいつものセオリーでした。

自分なりには一生懸命頑張ってるのに、結果が伴わない事程辛いことってないですよね・・・。

結局約5年間裁量トレーダーとして頑張りましたが、結局花開くことなく損失ばかりが積み上がっていったので、ついにはFXを辞めることを決意しました。

でもトレード仲間の助けによって花開く

と、そんな時にプログラミングが得意なトレード仲間から

「ここで終わるのはもったいないから!裁量がダメなら裁量の範囲を狭くしてトレードすればいいだけじゃないか!」

と、彼の開発したツールを使う半裁量トレードを勧められて、がむしゃらにエントリーシグナルに従ってトレードしていたら、不思議なことに月単位、年単位で勝てるようになっていました。

シグナルって勝てない、そう考えていたのに、考え方がガラッと変わってしまいました。

今ではツールをくれたトレード仲間に頭が上がりません・・・。

そして専業トレーダーへの道へ

私にとっては、「基本はシグナルに従いつつ少し裁量を入れる」と言うトレードスタイルとの相性が物凄く良かったみたいで、あまりブレることも無くトータルで勝ち続け、今では専業トレーダーになって2年目になります。

FXでは何度も何度も挫折して辛い思いをして、時には悔しくて悔しくて涙を流すこともありましたが、今では続けてきて本当によかったと思っていますし、半裁量トレードに出会えて人生を変えることが出来ました。

人生何があるか分かりませんね。

半裁量トレーダーを増やしたい!

私がこのブログを立ち上げた理由の一つが、
「半裁量トレーダーを増やしたい!」でした。

世間では完全な裁量じゃないと勝てないと言われることもありますが、決してそんなことはありません。

私みたいに完全裁量が不向きな人間も多いはず。
そんな人たちに半裁量トレードの素晴らしさをお伝えできればと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

応援のクリックをよろしくお願いします。

私の半裁量トレード手法を公開しています。

おすすめの記事