2017年の相場も本格的に始まりましたね。
今年は、いや今年も頑張りたい!と考えている人、多いんじゃないでしょうか?
私も昨年を超える利益を出したいなぁと思っている一人です。

昨年末の話なのですが、トレード仲間と集まって色々と話しているうちに、「こういう人は勝てるようにならないよね」という話題になりました。

結構盛り上がる話だったので、ブログの記事にしたいと思います。
「どんな人が勝てるようにならないのか」というのは人によっては耳の痛い話になるかもしれませんが、是非読んでみてください。

手法をコロコロ変えたがる

手法をコロコロ変えるのは本当に「あるある」ですよね。
よさそうな手法を見つけては取り入れて、調子が悪くなるとすぐに「こりゃダメだ」と烙印を押して他の手法を求める・・・。

私もその経験があるのでその気持ちはよくわかります。
トレードの調子が悪い時に情報商材のセールスレターなんかを読むと、どんなに誇張してあるとわかっていても心が動いてしまいますからね。

でも、現実として手法をコロコロ変える人で勝てている人はいません。
勝っている人は、自分に合った手法をずっと使い続けています。

これが何を意味するのかと言いますと、手法っていうのは知っているだけでは全然意味が無くて、手法をしっかりと使いこなしていかないとダメという事になります。

凄くよく切れる包丁を持っていたとしても、料理人の腕が悪ければ上手に食材を切れません。それと同じです。

検証をめんどくさがってやらない

しっかりとしたトレーダーのブログでは、「検証しましょう、統計とりましょう、練習しましょう」と、頻繁に書かれています。

勝てるトレーダーならこれらをやるのは本当に当たり前の事なんですが、殆どの人が検証を面倒に思ってやっていない事実があります。

商材を買って、真剣に検証してデータを取って手法のクセまで理解しようとする人なんて正直な話、1割もいないんじゃないでしょうか?

FXとは話が違いますが、どこかで聞いた話だと新しいダイエット器具を購入して、本当に継続して使用して痩せることが出来たのは数パーセントの人だけだったそうです。

つまり、何かを始めようと思って高額な商品を買ったとしても、買っただけで満足する人の方が圧倒的多数という事ですね。

確かに検証は地味ですし時間がかかります。
リアルトレードと比べればスリルも無いですし、面白みもないかもしれません。

でもこれをやらなくては「絶対」と言っていい程前には進めないのです。
逆に真剣に検証した人は、他の検証しない怠け者トレーダーたちよりも一歩先に進めるわけですから、必然的にトレードで優位に立てるのは言うまでもありません。

勝つことにこだわり過ぎて、負けることを受け入れられない

トレードの理想は毎回のトレードで勝つことになると思うのですが、そんなのは夢物語。

トレードには負けが付き物なのです。
このことは多くの人が理解していると思うのですが、本当に負けを受け入れられるかどうかは別問題。

勝率50%であっても3連敗することはザラにあります。
こんな時に精神的に追い詰められてルールを破ってポジポジ病になってしまったり、「この手法はダメ」と決めつけて他の手法を探し求める旅に出るきっかけになりがちです。

トレードでは負けトレードを避けることはできません。
負けっぱなしではいけませんが、負けトレードも一種の経費と考えて、負けが続いても落ち込み過ぎないようにしましょう。

資金管理を舐めている

結構多いんです。資金管理を舐めている人。
酷い人にもなると、毎回その時の気分だったり感覚でロットを決めていたりして、そんな人を見ると「いつか大けがするぞ」と思います。

通常ならトレードのリスクは大体口座資金の2%以下になるようにロットサイズを調整してトレードするのですが、何の基準も根拠もなく感覚的なロットでエントリーして、更にはナンピンもして・・・なんてやり方をしたら破滅するのは目に見えていますね。

別にナンピンを否定しているわけではないのですが、しっかりと資金管理を頭に入れて戦略的なナンピンをしている人なんてごくわずかですから。

何かと決めつけが多い

「トレードで勝っている人の中で、思い込みが激しい人、何でも決めつけてかかる人って少ないよねぇ」

と、誰かが言ったらその場にいた全員が何得しました。
確かに負けている人は相場を決めつけてトレードする傾向にあると思います。
だから、決めつけが外れた時にショックが大きすぎて暴走したり、次のチャンスを逃したりするのでしょう。

トレーダーは常に相場から否定される立場にいます。
自分の考えが正しいと信じていたとしても、相場の気分次第で簡単に否定されるのです。

だからこそ勝てるトレーダーは自分の考えが正しくないことも想定して、その時はどうするかまで考えているのです。

トレードで勝つためには、手法だけでなく取り組み方、考え方も大事です

トレードは勝ちと負けを繰り返しながら利益を積み上げるものです。
もし、勝率100%の手法があるのならメンタルとか考え方とか全く必要のないものになると思いますが、そうでないのなら自分を研鑽することや柔軟な考えを取り入れることもトレーダーには求められるのではないでしょうか?

応援のクリックをよろしくお願いします。

私の半裁量トレード手法を公開しています。

おすすめの記事