商材の概要

販売元:一般社団法人 日本投資家育成機構
トレードスタイル:完全裁量
対象通貨ペア:ドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル、豪ドル円、豪ドル米ドル
使用時間軸:日足、4時間足、1時間足、1分足
裁量の範囲:何から何まですべてが裁量
対象者:マルチタイムフレームの押し目買いが好きな人なら・・・

商材の中身

購入後は下のような購入者サイトにアクセスできます。

このサイト内で必要な動画やPDFを視聴していきます。
解説は全くのFX初心者からでも分かるようになっており、そこから段々とロジックの説明に入っていくので、経験者からすると少し冗長に感じるかもしれないですね。初心者には優しい作りなんですけども・・・

全体的に解説は凄く丁寧で分かりにくいと感じるところはありませんでした。講師のFX-Katsu氏がいい感じで気合入ってます。

商材のメリット/デメリット

◆メリット

  • 4時間足や1時間足の押し目や戻りが狙える
  • 1分足トレードでポジション保有時間が短い
  • 推奨通貨ペアが多いので時間がない人でも毎日トレード出来そう

◆デメリット

  • スキャルピングなのでダマシが出やすい
  • 完全な裁量なので習得が難しい
  • 別に新しくもなんともない

総合評価:
(A:平均的な商材。勝つには工夫が必要です。)

4時間足や1時間足の押し目や戻りを1分足で狙う手法です。
マルチタイムフレームの基本は、エントリー時間軸の4倍~8倍の時間軸を使うのですが、秒速スキャルFXの場合は1分足エントリーに対して1時間足や4時間足を使います。
つまり60倍~240倍の時間軸の押し目や戻りを狙うわけですから、ちょっと時間軸の幅が広すぎるんじゃないかという懸念もあります。詳しくは以下のレビューをご覧ください。

秒速スキャルFXの講師、FX-Katsuとは?


今回の講師を勤めるのはFX-Katsu氏。

クロスリテイリング社の会長であるFX-Jin氏の弟子という事なのですが、詳しいプロフィールについては一般財団法人 日本投資家育成機構のサイト内の講師紹介のページで公開されています。

以前に勤めていた会社が傾き、経営難となってしまう。

会社に300万円貸し、未返金のままで、
さらに、ストレスで肝臓を壊し入院。

会社が社会保険完備されていなかったため、
入院費としてさらに100万円を借金してしまう。

借金を返すために2013年1月から独学でFXを学び始め、
12月に恋スキャFXを実践し始める。

3ヶ月で資金30万円を160万円にし、借金を返すことに成功する。
その後、着実に利益を上げ、毎年年利2000%を達成。

2014年4月にクロスリテイリング・グループにスタッフとして入社。

11月からクロスリテイリングのグループ会社である、
「日本投資家育成機構」へ異動。

別にこの人に限った話ではないのですが、なぜか情報商材の販売者は可愛そうなくらい不幸な経験をしています(笑)もう不幸自慢をしあっているような・・・。おっと、話はこれくらいにしておきましょう。

手法は1時間足や4時間足の押し目や戻りを狙う

秒速スキャルFXでは販売ページにあるように、1時間足や4時間足の押し目や戻りを狙います。

まず、このエントリーをするには1時間足や4時間足がどこまで押して戻りしてくるのかを知らないといけません。

そのためには秒速スキャルではダウ理論、水平線、トレンドライン等を駆使して相場を分析します。

例えばユーロドル1時間足のこのチャート。

トレンドラインは下向きに引けてるので下降トレンドと認識。
このトレンドラインまで戻してきたAを1分足で見るとこうなります。

1分足のAの部分から少しするとエントリー条件を満たした動きになりましたのでショートになります。

このエントリー条件は詳しくは書けないのですが、MACDとRSIを上手に利用します。

1時間足と1分足では時間に大きな乖離があるので、1分足では正に逆張りになります。

理屈は分かるけど、実際難しいのではないだろうか?

この手法は大きな時間軸の押し目や戻りを1分足と言うダマシの大きな時間軸でピンポイントで勝ちを狙う事を目標にしています。販売ページでは「勝率8割、9割も十分に可能」と書かれておりますから。

しかしそれは単なる理想論に過ぎないと感じました。
確かに相当なチャート分析の能力があれば話は別ですが、やはり1分足ではノイズが多いですからそう簡単にはいかないでしょう。

また、商材のコンセプトとして「瞬間利益」なんて書いていますけども、毎回そうなるわけでもありません。1分足だから勝負の決着が他の時間軸と比べて早いだけですから。

全部が全部裁量です

この手法、すべてにおいて裁量判断が必要です。
なので「再現性」という点で見ればかなり低いことは否めません。

裁量トレードが大好きな人にとっては良いのかもしれないのですが、私のようにそういったトレード手法が苦手な人には向きません。更に言えば、初心者にはやることが多くて頭がこんがらがる事必至です。

というわけで、上手に使えれば勝てると判断しました。

それにしても相変わらず凄い販売ページですね。
販売元は一般社団法人 日本投資家育成機構となっていますが、実質的にはクロスリテイリングです。

商材を販売するたびに「このロジックは世界一!」なんてことをFX-Jinが言っておりますけども、世界一のロジックは常に更新され続けているのでしょうか?

応援のクリックをよろしくお願いします。

私の半裁量トレード手法を公開しています。

おすすめの記事